• ホーム
  • CFOセンス
  • クラウドとIoTの親和力~IoTインターフェイスと産業の親和性決定要因とは?~

クラウドとIoTの親和力~IoTインターフェイスと産業の親和性決定要因とは?~

この記事は2016年1月発行のエスネットワークス産業調査レポートvol.1より転載しております。

CFOだけではなく、経営に携わる方であれば、常に自社の業界をはじめ、各種セクターの動向に目を向け、ビジネスの次の一手を考えられていることと思います。産業調査レポートは注目が高まるIoTやXaaSサービスを中心に各業界の動向をまとめております。

クラウドはSaaS/PaaSレベルアプリケーションの市場形成期

セールスフォースドットコムが、SaaS型アプリケーションをHaaS上に展開するPaaSという概念で、クラウド上でのシステム統合ソリューションを提唱し、この後、PaaSという新たなERPコンセプトが浸透しました。

SaaSでは無数の開発ベンダーがニッチ分野でのクラウドアプリ参入が可能になった結果、HaaSベンダーの開発プラットフォームの優位性が、業界標準インフラとして認識される重要因子になるに至りました。

クラウドアプリケーション階層別サービスの成長

クラウドアプリケーション階層別サービスの成長(出典:Amazonホームページ)

 

階層階層別サービスベンダー
ApplicationSaaS( Software as a Service)無数の開発ベンダー
PlatformPaaS( Platform as a Service)Saleforce.com / Google / Amazon / Microsoft
InfrastructureHaaS / IaaS
( Hardw are as a Service)
( Infrastructure as a Service)
GCP / AWS / Azure

階層別サービスとベンダー(出典:Amazonホームページ)

 

1.HaaS ベンダーは、“クラウド3強 vs 独立SIerクラウド”の構造

HaaS/IaaSベンダーはAWS (Amazon Web Service)が先行してきました。Amazon S3は、毎日30億個ものオブジェクトが新規追加を誇り、高アクセスに耐えうる安価なオンラインストレージサービスを提供しています。

Microsoft Azureは、大企業向けOSを基盤にAPI/SQL/Marketplaceなどのキットにより開発環境に優位性を与えています。Googleは、HaaSリーダーシップにて出遅れ感がありましたが、GCP(Google Cloud Platform)は、ビッグデータ解析分野にてHaaS/PaaS型アプリケーションの差別化を図っています。クラウドHaaSは、GCP、AWS、Azureの3強が牽引しながら、独立型SIerが追随する構図です。

クラウド陣営はIoT 親和力の高い産業にクラウドアプリケーション需要を見出す

クラウド陣営への追い風は、各産業でのIoTの広がりです。Amazon は「AWS IoT」を、Microsoft は「Azure IoTSuite」を発表し、クラウドベースのIoTプラットフォームをいち早く対応し始めました。DeviceGateway, Rule Database,Registryサービスは、AWS IoTからのデバイス情報とAWS上のHaaS/PaaSサービスを結びつけることを可能にしました。

ただし、そのためには産業サイドでのIoTインターフェイスの標準化が前提になります。全産業を対象にIoTデバイスを開発することは投資効率が良くありませんので、クラウド陣営は、IoTと親和性のある産業を見極めることが必要になります。

産業横断的なIoTの標準化アプローチの動き

製造業やサービス業の産業横断的なIoTインターフェイスとなるデバイスには通信方式やデータ形式など標準規格の統一化が必要になります。グローバル標準化として、Intel、IBM, CiscoSystems, GE, AT&Tの5社が中心となったIIC(Industrial Internet Consortium)がIoT標準化を目指しており、日本企業も参加しています。IoT標準化には、日本においても様々な組織による標準化活動が活性化しています。

クラウド陣営が優位性構築するためには、ターゲットとする産業の選択が必要

Amazonは、クラウドリーダーシップを、HaaS、物流、ECの三位一体型で戦略的に構築し、他のクラウドベンダーと差別化を図っています。

(出典:Amazonホームページ)

(出典:Amazonホームページ)

Amazonは、物流業者、EC業者に対して、POSによる個別認証化からBPR、連結会計までPaaS型クラウドアプリケーションを展開できることを可能にします。物流企業に対するSaaS/PaaS型クラウドアプリケーションの市場開拓により、サードベンダーが競って開発することが予測されます。

このような、強固なHaaS/PaaSはEC小売業に参入したい、強化したい企業からみて魅力的であるため、物流業界の再編に対してクラウドベンダーが強い主導権を発揮できます。

 

2.IoT 親和性を左右するIoTインターフェイスとは

IoTの概念図

IoTインターフェイス(=IoTデバイス)には、有線型IoTと無線型IoTに分類できます。 無線IoTが実現できる産業はIoT親和性が高く、IoTインターフェイスの標準化、無線IoTデバイスの開発などが適していると考えられます。このような場合、クラウド陣営はSaaS型/PaaS型アプリケーション開発市場を有望視できます。 対照的に、有線によるIoTデバイスが標準となる産業では、IoTは特別な概念ではないことがわかります。

無線型IoTインターフェイスと親和性の高い産業

無線型IoTに親和性が高い業界を検証すると、物流業界、鉄道、飲食、旅行などのサービス業であることがわかります。その共通点は、人々の行動様式(パーソントリップ)をビッグデータとして処理するシステムにあります。

無線型IoTインターフェイスと親和性の高い産業 イメージ図

鉄道産業のIoT親和性:パーソントリップのインターフェイスのIoT化

ヒトの行動様式(パーソントリップ)に伴い発生する多量の取引に対して、無線型IoTは高い親和性を発揮します。 無線IoT化のためには、IoTインターフェイスの標準化、デバイス開発が焦点になります。また、SaaS/PaaSベンダーは鉄道運営会社に対してビッグデータの処理システムをSaaS/PaaS型クラウドアプリケーションとして提供することが考えられます。

Print

無線型IoTインターフェイスと親和性の低い産業

自動車上部を占めるコックピットモジュール(CPM)は、操縦者の居住空間として、より人間の感覚に近いエッセンスを取り込みつつあり、 CPMは車外との通信という視点にて、無線IoTに親和的です。それに対して、自動車下部における制御系ではECUやLSIやセンサーがCAN上で有線ネットワークを形成しています。

無線型IoTインターフェイスと親和性の低い産業 自動車 イメージ図

自動車制御系の無線IoT化最大の問題はノイズです。ISO26262は、車載ECUにおける「ハードウェア安全要求の仕様」と「ソフトウェア安全要求の仕様」の国際基準を要求しています。 現状では無線IoTで制御系ネットワークを構築するのは安全性の面から課題が多く、従来型イーサネットによる有線LAN接続が現実的です。ただし、電気自動車の構造体進化によって、ノイズ問題は解消される可能性があります。 エンジンのモーター化は車体の軽量化をもたらし、ダンパー制御などの駆動系システムが簡素化されるため、ガソリン車やハイブリッド車と比較して、構造的に進化するためです。

 

結論

サービス産業のIoT親和性を決定づける因子は、パーソントリップ

モノづくり産業、サービス産業のIoT親和性は、無線IoTインターフェイスの実用化と密接に関係しており、そのキーワードのひとつはパーソントリップです。ヒトの行動や消費行動に密接するパーソントリップ産業において、無線IoT開発や標準化が先行することが予測されます。

今後の予測

・無線型IoTデバイスの開発加速
・クラウド上のデータ連携(クラウドERP)加速
・IoTの産業別標準化活動の加速

今後、クラウドとIoTがどのような発展を見せるのか、パーソントリップを焦点にして、追いかけてゆきます。

執筆者

NEXT CFO 編集部

 NEXT CFO編集部

経営者・管理職にCFOの役割を広めたい!CFOが活躍する社会をつくることで、日本経済を活発にしたい!そんな想いでNEXT CFOのメディアを運営しています。