• ホーム
  • 業界動向
  • 株式会社りらく・出上 幸典氏インタビュー「5〜6年後に国内1,000店舗へ」

株式会社りらく・出上 幸典氏インタビュー「5〜6年後に国内1,000店舗へ」

p08_09_01_01
株式会社りらく様
代表取締役社長 兼 CEO 出上 幸典 氏
執行役員財務管理本部長 釡付 修次 氏

同社は“全身もみほぐし60分2,980円”を掲げ、設立からわずか6年にして日本全国に484店舗のリラクゼーションスペースを展開(2016年5月10日時点)。2015年度の利用者数は年間のべ600万人を達成し、国内におけるリラクゼーション市場を牽引してきた企業です。現在は、売上・顧客数の最大化を図るための中期経営計画の第1弾として、店舗屋号を「りらくる」に刷新するリブランディングを推進しています。

業務フロー変更と財務会計・店舗別管理会計の確立

??「経営管理体制の強化」というお題をいただいたのが2013年10月のことでした。当時の状況をお聞かせください。

釡付執行役員:当時は従来の属人的な経営から組織的な経営に移行していくにあたり、透明性の高い経営管理体制を整えなければならないとともに、事業の成長スピードに管理体制を合わせていく必要があるという状況でした。急成長により店舗は全国に300弱に拡大。従来の店舗の販売情報を郵送とFAXで本部に集め、手作業で会計システムに入力するというアナログ対応は非現実的になってきました。本部に集まる書類の量は毎月ダンボール20箱にのぼり、店舗が増えるたびに入力担当のパート社員も増えていくという状況でしたので、このフローの整備からエスネットワークスさんには支援をしていただきました。支援後も社内では更に改善を進め、現在、販売情報はすべて各店舗がPOSシステムへ直接入力するフローに変わり、売上修正依頼等最低限の書類だけのファイル2冊程度と大幅なペーパレス化が実現しました。また、システム化による作業の簡略化と減少により、40名以上いた経理のパート社員も15名程になりました。

出上社長:当時は会計処理を現金主義で行っていたので、これを発生主義に切り替え、店舗別損益・投資管理、予算管理、初めての監査対応などを含め、管理フローをすべてガラッと変えていただきました。エスネットワークスさんには2013年10月から常駐していただき、12月に決算を迎え、3月に決算報告と、わずか5カ月という時間のない中で、スピーディーに経理業務や管理フローを再構築していただき、正直、驚きました。期待していた以上の成果でした。

——管理体制が整い、システム導入もされた今、さらなる攻めの経営ができますね。

釡付執行役員:管理体制の再構築だけでなく、弊社の業務フロー全般を見直してくださったのもエスネットワークスさんでした。契約を延長してシステム化の要件定義への参画もお願いして良かったと思います。

出上社長:まさにこれからは攻めの経営へシフトします。システムを導入したおかげで、約100万人の顧客管理ができ、様々な情報が取れるようになりました。このデータベースを今後のマーケティング戦略へ活用していきたいと考えています。システム導入についてはまだ道半ばです。我々のビジネスモデルはお客さまとセラピストさまのより良いマッチングを追求するものですから、顧客データの分析ツールやCRM、セラピストさま向けの教育ツールなどを積極的に行っていく予定です。

5〜6年後に国内1,000店舗へ

——今後の成長戦略を教えてください。

出上社長:これまでと同様に毎年70〜80出店を着々と進め、現在国内484店舗を5?6年後には1,000店舗にしようと考えています。今すぐには海外出店は考えておりませんが、将来的には国内2,000〜3,000店舗に加え、海外展開の可能性もあるかと思います。

釡付執行役員:そのためにも現在、中期経営計画の具体的な活動方針として8大イニシアティブを立案し、その第1弾として店舗屋号を「りらく」から「りらくる」へとリブランディングを図っています。店舗の看板変更をはじめスマートフォンに対応したWebサイトのリニューアル、セラピストさまへの報酬制度変更など、お客さまとセラピストさまの満足度向上を図り、売上と顧客数の最大化を図っていきます。このリブランディング推進のために社内体制を整えました。

——今後のリラクゼーション市場の展望について教えて下さい。

出上社長:弊社のような低価格店舗が増えたこともあり、この数年で業界の裾野が確実に拡がりました。この業界は比較的に参入障壁が低いため、競合店が増えていくと思われますので、今後は、施術・接客技術を向上させるとともに、規模のメリットを活かしたシステム化やメディアを使ったPR等、差別化が必須になって参ります。しかし、まだまだ市場は成熟したわけではなく、我々が得意とする地方での郊外ロードサイドの出店余地は大きく、市場は成長し続けることは間違いありません。

本日はお忙しいところ、どうもありがとうございました。

取材協力

株式会社りらく
〒595-0021
大阪府泉大津市東豊中町1-8-10
株式会社りらくのフィロソフィーは「毎日をもっとイキイキと」。ココロとカラダの両方の健康を考えたライフケアを通じて、お客さまだけでなく、施術を提供するセラピストさまにも最適なリラグゼーションスペースを提供し、常に新しい価値を生み出し続ける企業を目指している。2016年4月から店舗屋号を「りらくる」へ変更。

執筆者

園田 裕輔 氏

株式会社エスネットワークス 経営支援第1部 第3部長 公認会計士試験合格者 園田裕輔 氏

中央大学商学部卒業。公認会計士試験合格後、エスネットワークス入社。入社後は、クライアントに常駐しKPI管理導入の実行支援やシステム導入のプロジェクトマネジメント等に従事。また、フロント側のシステム導入についての案件実行経験も複数あり。現在は、BPRやPMI等の常駐案件、財務デューデリジェンスやバリュエーション等のスポット案件のマネージメントを担当。