インダストリ4.0がもたらす学び方と教え方の変革

この記事は2016年4月発行のエスネットワークス産業調査レポート vol.2より転載しております。

CFOだけではなく、経営に携わる方であれば、常に自社の業界をはじめ、各種セクターの動向に目を向け、ビジネスの次の一手を考えられていることと思います。産業調査レポートは注目が高まるIoTやXaaSサービスを中心に各業界の動向をまとめております。

01 教育産業の推移 底堅い教育の需要

教育を受ける側であるこども(0~14歳)の減少に対して、 教材市場は堅調に推移しています。

アセット 2

教育システムへのICT導入が浸透し、「電子黒板」や「デジタル顕微鏡」を扱う教具メーカーが売上高を伸ばしています。

02 インダストリ4.0が変える学びの形 新しい時代の学習

アセット 4

教育現場でのICT技術の導入は、教育者から学習者の一方通行ではなく、双方向での学習接点を増やし、教育現場に改革をもたらしています。

03 インダストリ4.0が変革する教えるモノづくり現場の教育 PLM概念の習得

インダストリ4.0は、デジタル製品におけるライフサイクルを一変させました。製造業やITシステムの教育現場では、インダストリ4.0対応のシステムや技術を教える側の教育市場が創出されつつあります。

スクリーンショット 2018-10-09 11.17.54

筆者は、PLM(Product Life Management)概念の浸透が必要と考えます。この概念は製造業のみならず、様々な分野のシステム概念の基礎になるからです。アセット 7

アセット 8

 

電子デバイスが情報を連携することで、自律的な有機体を形成します。これによって、AIというインテリジェンス構造体を形成する概念が革命的であり、あたかも細胞が分裂を繰り返すように、意味を持った有機体を形成します。このようにインダストリ4.0は、プロダクトのライフサイクルの概念を一変させます。

04 教育の新しい市場 インダストリ4.0が示す教育の未来

筆者は、インダストリ4.0がもたらす教育知育市場への影響として、 デジタル知識の学び方、 デジタル知識の教え方に着目します。インダストリ4.0は従来のモノづくり概念を覆します。インダストリ4.0概念の教育ツールとして、PLM教育市場にスポットがあたるでしょう。 IoT、AI、PaaSなどの概念教育の重要性が増し、インダストリ4.0対応型モノづくりを教える市場が開拓されると考えます。若年人口の減少に歯止めのかからない今、既存の市場の拡大を目指すのではなく新たな市場を開拓することが教育産業の発展を支えると考えます。

執筆者

NEXT CFO 編集部

 NEXT CFO編集部

経営者・管理職にCFOの役割を広めたい!CFOが活躍する社会をつくることで、日本経済を活発にしたい!そんな想いでNEXT CFOのメディアを運営しています。

COMMENT

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。