• ホーム
  • インタビュー
  • 事業承継と財務デューディリジェンス 高知の食生活を支えるサニーマートが大切にしているものとは

事業承継と財務デューディリジェンス 高知の食生活を支えるサニーマートが大切にしているものとは

この記事は2014年8月発行のREVOLVING DOOR vol.05より転載しております。

エスネットワークスではコンサルタントが常駐して、会計や財務の実務支援を行い、さらに経営者支援から経営者そのものを輩出しています。

今回は約50年の歴史を有す会社の事業承継の際に、財務デューディリジェンスを実施させていただいた お客さまをご紹介させいただきます。担当コンサルタントが社長に率直なご意見をいただきにお伺いしました。

株式会社サニーマート 代表取締役 中村彰宏氏

今回、インタビューにご協力いただいたのは株式会社サニーマート代表取締役の中村彰宏氏です。

同社は高知県を中心に香川県、愛媛県へ27店舗のスーパーマーケット「SUNNY MART」を出店。 また、コンビニエンスストアや外食、中食などを経営するグループ企業23社で、 地域に根ざした「食生活」にまつわる総合事業を展開しています。

今年で創業から53年、創業者の祖父から父へ、そして父から引き継がれた3代目の社長の椅子。 事業承継のポイントについて、担当の経営支援第1部副部長 前川勇慈がインタビューします。

 

次の代へバトンを渡す役割

株式会社サニーマート

Q.事業承継の際に多くの後継者が独自色の打ち出し方で悩まれますが、どのようなアプローチをされましたか?

中村社長:社長だった父が会長となり、副社長だった私が社長を継いだのは2007年です。 私は創業者ではありませんので、祖父や父が約50年かけて築いて来た事業や文化を壊す権利も、潰す権利も私にはありません。

先代から受け取ったバトンを次の代へと渡す。 その期間でいかに会社を良くできるかが、私の役割だと認識しました。 もちろん、経営トップとして自分の考えで経営できる環境をつくれば、まだまだ成長のチャンスはあると思っていましたが、急激な変化は避けました。

それまで先代を見て頑張ってきた社員たちに、今日から私を見ろと言っても聞くわけがありません。 それに先代と私はモノの見方もマネジメントの方法も違いますから、両者から指示命令を出しては社員たちも混乱しますし、組織として弱くなってしまいます。

だから私は3〜4年の時間をかけて、先代からの守るべきところは守りながらも、雰囲気や環境を緩やかに変えていくようにしました。 みんなが気づかないうちに、それまでやってなかった行動を自然とやっていたり、社員全員が経営数字を意識していたりと、特に長く勤めてくれている社員たちの負担を考えて、時間をかけて変えていきました。

Q.2007年の事業承継の際に、財務デューディリジェンスを実施された狙いは?

中村社長:50年間の積み上げの上に私が乗るわけですから、まずはその土台となる現状をきちんと受け止めておきたかったのです。 だからエスネットワークスさんに財務面の適正性を客観的に評価していただきました。

財務デューディリジェンスによって、自社の強みだけではなく、弱み、課題も客観的に整理することができました。 仮に現状を正確に把握せずにそれが良い状態であると認識していたら、これから先、必ず歪みが出てきます。

私の代でより良く変わっていくためにも、現状をまず受け入れることが新たな変化への出発点になると考えました。 あれから7年、会社は確実に前に進んでいます。

 

お客さまが求める店づくりへ

株式会社サニーマート

Q.後継者不足のため、事業を精算してしまう企業が増えていますが、私たちは地域で雇用を生み、貢献してきた会社が継続できるようなお手伝いをしたいと思っています。 中村社長ご自身も将来はご子息に継がれる予定ですか?

中村社長:まず、会社は個人のものだとは思っていません。 社員をはじめとした従業員がいて、お客さまがいて、取引先がいて、その関係がずっと良くなりながら続いていくことが会社のあり方だと思っています。

だから、オーナーとして考えるなら会社はずっと残ってもらいたいというのが1番の想いです。 実現していける経営者が家族の中にいれば、それでいいのですが、そうでない場合もあるかもしれません。 この問題はもう少し考える時間が必要です。

Q.今後のビジネス展開を教えてください。

中村社長:祖父が商業界の新保民八先生からいただいてきた言葉で「正しきによりて滅ぶる店あらば、滅びてもよし、断じて滅びず」は、会長、私をはじめ社員みんなが大事にしている価値観です。

そして私たちの誓いの言葉は「1人のお客さまの喜びのために誠意を尽くし、1人のお客さまの生活を守るために利害を忘れる、その人間としての美しさこそ、私たちサニーマート経営の姿といたします」です。 この言葉どおり、私たちはお客さまを見つめ、地域の皆さんの生活を誰よりも知っている店にならないといけないと考えています。

1世帯1日3食、月30日で約100食。 この100食のうち、どれだけ私たちのグループがお客さまの食に関われるか、良い食材や食を提供できるか。 ここは常にチャレンジしていきたいと思っています。

本日はお忙しいところ、どうもありがとうございました。

 

株式会社サニーマート

株式会社サニーマート

[本社]
〒780-8517 高知市知寄町2-1-37 
TEL:088(884)6633(代) 
URL:http://www.sunnymart.co.jp

高知県、香川県、愛媛県に27店舗を展開するスーパーマーケット「SUNNY MART」。1店ごとに地域特性を反映した店づくりを行っている。

執筆者

NEXT CFO 編集部

 NEXT CFO編集部

経営者・管理職にCFOの役割を広めたい!CFOが活躍する社会をつくることで、日本経済を活発にしたい!そんな想いでNEXT CFOのメディアを運営しています。

COMMENT

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。