現場力の高いCFOに聞いた、CFOとしてのキャリア形成と展望

CFOとは専門家であり経営者でなければならない

管理職と経営者のキャリア戦略は根本的にレールが異なる

conference-2003772_640

CFOの視点を持ったコンサルタントとして企業と関わっていく中で、常々感じていることがあります。

それは、次世代のCFOのキャリアプランには、「管理職と経営者の違いを認識する」ことが必須だということです。

 

日本のCFOは「数字に強い管理職」というイメージが強く、経営者というよりは会社員です。

しかし、これからCFOを目指すのであれば、会社員としてのキャリアプランを捨て、経営者としてのキャリアプランを歩むべきでしょう。

というのも、会社員としてのキャリアプランと経営者のキャリアプランは同一ではないからです。

 

会社員と経営者の違いを明白に表しているのが、「人」と「金」についての考え方。

「人」については、労働の対価として給与を「もらう側」と「支払う側」の違いがあります。

会社員は事業について意見をいうだけで終わりがちですが、経営者はその意見を受けた上で、会社員が気持ちよく働ける環境を提供しなければなりません。

 

また、「金」は、会社員のお金はキャッシュインからのキャッシュアウト。

収入があり、それをどうやって使っていくのかを問題とします。

それに対して経営者は、キャッシュアウトからのキャッシュイン。

計画があり、資金調達をどうしていくかが問題なわけです。

 

どんなに役職が上でも管理職はあくまでも会社員です。

会社員の経験だけでCFOになることはできないでしょう。

 

CFOのキャリア戦略は人事評価からはみ出ることでしか見えない

railway-rails-711567_640

次世代のCFOに求められる能力は、PDCAの全てを実行できる力だと感じています。

ビジョンを語り、数字による裏付けを作ることができ、実行した戦略の改善をもすることができる能力ですね。

 

というのも、企業にコンサルティングに入ったとき、「もったいないな」と感じることが多いのです。

何が「もったいない」のかというと、経営者が次々とビジョンを打ち立てているのに、それに対する過去の計画や実績の分析ができていない状況があるからです。

コンサルティング先の企業で、PDCAサイクルでいう、Plan(計画)とDo(行動)だけがある状態で、次の段階へのつなぎとなるCheck(評価)とAct(改善)がない状態を目の当たりにしてしまうんですね。

 

評価と改善の段階がないことで、次につながる施策を打てず、その場限りのビジネスモデルになってしまい、企業成長のチャンスを逃してしまっている。

素晴らしいビジョンであればあるほどに、「もったいない」と感じてしまいます。

 

また、このような状態に陥っている企業は、CFOを派遣して評価と改善の部分を補うだけで売上が格段に上がることが多いんです。

 

コンサルティングに入った企業には、財務を担当する役職者もビジョンを実行する部署もあります。

でも、派遣されたCFOのような動きができる人はいないんです。

それはなぜかというと、彼から既存の人事評価制度のレールに乗って出世してきた人だから。

 

派遣されたCFOは、ビジョンに数字による裏付けを作り、戦略の改善をすることができます。この能力は、会社員としての能力というよりは経営者が備えているべき能力です。

 

今ある会社員の評価制度は、優秀な従業員を育てるための評価制度であり、経営者視点での数値分析や情報収集能力が育つわけではありません。

 

経営者としての能力に秀でるためには、既存の評価制度の枠からはみ出ることが必要になってくるでしょう。

 

CFOのキャリア形成に「人・組織に関する知見」と「数字を活かす力」は必須

経営戦略の基礎地盤は「人」の育成・採用にある

workshop-2209239_640

数字に強いだけでなく経営者としての視点も重要になるのが次世代のCFO。

経営者としての視点として、必須のスキルになるのが「人・組織に関する知見」と「数字を活かす力」です。

 

「人」は、人の育成・採用に関する全てが経営戦略につながってきます。

これまでは、会計を司る人間は「コミュニケーション能力」に難点があっても「しょうがないこと」で不問に付されてきました。

 

しかし、これからのCFOとしてのキャリア戦略では、コミュニケーション能力に難点があることは、間違いなく大きなハンデになるでしょう。

情報の扱いに長け、過去事例から戦略を立てるのが得意な人でも、戦略や計画を実行するには必ず「人」と関わらなければいけないからです。

 

とくに、人の「採用・育成・評価」についてわかっていなければ、経営者としての視点を身につけることは困難を極めます。

 

「人」について身を持って理解することが、経営者としての視点を養うことに直結するといっても過言ではないのです。

 

CFOたるもの数字から次のアクションを起こせる人財であれ

monitor-1307227_640

数字を分析する力は、今現在CFOとして活躍されている方や、これからCFOとしてのキャリアを進もうという方ならすでにお持ちだろうと想像します。

次世代のCFOには、今お持ちの数字に対する能力を、数値分析だけでなく「数値を活かす」部分まで昇華させることが必要になってきます。

 

もちろん、知識の習得は大切です。

 

「こんなことを考えて欲しい」

「これを実行して欲しい」

 

という依頼があった場合、知識がなければ対応できません。

みなさんもご存知のように、知識は、依頼者から情報を引き出し、過去の事例も当たっていくことで蓄積されていきます。

 

私は、情報の収集や過去の事例にあたる作業は、将来的にはAIが代替することになると感じています。

時として「数屋(かずや)」と揶揄されてしまうような、数字に強いだけの人は、AIが進出してきたときに淘汰されてしまうでしょう。

 

情報の収集や過去事例にあたる作業がAIに代わられてしまうとはいえ、CFOたらんとする人間が、事業構想の理解や知識のストックを怠ってはならないとも考えています。

過去の学びから情報を紐解き、自分で紐解いたものがどういう形で応用されているのかを知ることは、これからのCFOに絶対的に必要な能力ですからね。

 

まとめ

 

実感として、これからの時代は、新しいものを作る力ではなく、数字を活かす力が重要な時代だと考えています。

 

ですので、これからの時代に求められるCFO像は「専門家であり経営者でもあるCFO」です。

そういったCFOになるためには、キャリア形成に「経営者としての視点」の習得を取り入れることが必須であると言えるでしょう。

 

そもそもCFOとは、少し数字に強い経営幹部ではなく、数字からビジョンを裏付けし、戦略を立てることができる専門家兼経営者です。

AIが進出してきても企業から求められる人材であるために、人と組織についての知見を身に付け、経営者としての視点を持って欲しいと願っています。

 

執筆者

NEXT CFO 編集部

 NEXT CFO編集部

CFOを増やすことで日本国経済をちょっとよくしたい! もっとCFOについて、知ってもらいたい。CFOに興味を持ってもらいたい。CFOになろうと考えてほしいと願っております。

COMMENT

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。