• ホーム
  • 解説
  • ついに日本上陸ApplePay その安全性と利便性とは

ついに日本上陸ApplePay その安全性と利便性とは

2016年10月25日、FeliCaチップ付きのApplePayがいよいよ日本に上陸しました。

今日は、「安全性」と「利便性」という二つの特徴を軸にApplePayについて解説していきます。

安全性~高度なセキュリティ対策~

1.スキミングが不可能な仕組み

ApplePayは、スキミング(カード情報の不正抜き取り)が横行していたアメリカで開発されたこともあり安全性は非常に高いといえるでしょう。

本人認証をiPhoneの指紋認証で、カード認証をiPhoneと決済金融システムとの間で行い、カード情報は一切店舗に渡らない仕組みになっています。さらにカード情報はすべて暗号化されているため、スキミングが不可能になっているのです。

2.アップル社の徹底した個人情報保護

そうなると、「ユーザーの情報を収集しているのは店舗からアップルに移転することに過ぎないではないか」という疑問も生じるかもしれませんが、アップル社は、「ApplePayは、ユーザーの個人情報が保護される設計にもなっています。ユーザーが特定される可能性のある取引情報を一切収集しません。」と公言しています。

3.緊急事態の安全性

もし、iPhoneをなくしたり盗難の被害にあった場合は、「iPhoneを探す」機能を使えば、遠距離ロックによりApplePayが使えない状態にすることができます。アップルの端末からならいつでもロックをかけることができるので、カード会社に電話して止めてもらうといった手間を省くことができるのです。

利便性

1.各種カードに対応

①電子マネー

おサイフケータイより、少し少なくなりますが、現時点において、Suica、iD、QUICPayという三つの電子マネーが対応しています。

②クレジットカード

クレジットカードの発行銀行やブランドのいずれかがApplePayに対応できれば、そのカードとApplePayと紐付けることが可能になります!

2.財布が軽くなる

図書館カード、社員証/学生証、健康保険証、各種のメンバーカード、交通系ICカード、各種のクレジットカードなどなど、カードを多く持つことで気づかぬうちにお財布がパンパンになっている方も少なくはないでしょう。

Applepayを利用すれば、交通系ICカード、クレジットカードを持ち歩かずに済み、お財布をすっきりさせることができます。

まとめ

ApplePayは私たちの生活をますます便利にしていくことが期待されていますが、まだまだ国内では不具合が生じているようです。競合が誕生した従来のお財布ケータイとあわせて、今後の動きに注目です。

執筆者

羅 譲 氏

 羅譲 氏

京都大学法学研究科に所属。修士論文の執筆の傍ら、細々と記事書きの真似事をしております。