• ホーム
  • 解説
  • ETF(上場投資信託)とは? ~ETFのメリット・デメリット~

ETF(上場投資信託)とは? ~ETFのメリット・デメリット~

2013年から始まった金融緩和政策の一環として行われているETFの買い入れ。
これのせいか新聞ではETFという文字をよく見かけるようになりましたね。
しかし、「ETFって何?」って聞かれても答えるのは難しいのではないでしょうか。
今回はETFを取り上げます。

ETFとは?

Exchange Traded Funds の略で「上場投資信託」と呼ばれています。
株式とは異なり少額で多様な投資先に投資できる投資信託の1種であって、また投資信託とは違い証券取引所に上場しているというのが特徴です。
日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの株価指標に連動する運用成果を目指しており、投資するにはわかりやすい金融商品といえます。
どのように株価指標に連動させるかというと、株価指標に組み入れられている銘柄を同じ割合で保有することでそれを可能にしています。

メリット・デメリットは?

一見投資信託と何ら変わらないように思えますが、ETFを選ぶべき理由はあるのでしょうか?
メリットとデメリットを見ていきましょう。

 【メリット】

投資信託とは違い、いつでも売買が可能。
⇒値が安いときに買うとコストが抑えることができます。(投資信託は価格が決められている。)

コストが安く済む。
⇒保有している間の手数料(信託報酬)が投資信託より安く済み、また売買銘柄をリサーチするコストを考慮すれば株式投資より安く済みます。

値動きがわかりやすく、透明性も高い。
⇒株価指標と連動しているので、容易に把握が可能です。

 【デメリット】

 ・海外と比べると、日本ではETFがあまり普及していない。
⇒ETFの販売は証券会社が儲かりにくいためだと言われています。

・海外のETFを買うにはコストがかさんでしまう。

以上をみると、特に大きなデメリットはないように思えます。
投資をしたいけれど、リスクが怖いという人にはぴったりかもしれませんね。

なぜ日銀はETFを買い入れるのか?

では最後に、なぜ日銀は数ある金融商品の内のETFを買い入れるのかに触れたいと思います。
それはずばりETFが株式市場全体を網羅していて、リスクが分散されていて、コストが低い金融商品だからではないでしょうか。

日銀の黒田総裁は最近の会見でETFの年間買い入れ枠の拡大の理由についてこう述べています。(2016年7月29日に6兆円にまで拡大すると発表しました。)

「海外経済の不透明感が高まり、国際金融市場で不安定な動きが続いていて、こうした不確実性が企業や家計の心理の悪化につながることを防ぐため」

ETFの買い入れによってお金を市場に供給する狙いもあるかとは思いますが、ETFを買い入れることで日本の株式市場を下から支える狙いの方が大きいのかなと思います。(ETFの買い入れ目標6兆円に対し、国債の買い入れ目標は80兆円でありお金の供給効果は小さい?)
そのための株式市場全体をカバーしているETFなのではないのでしょうか。

さいごに

ETFの年間買い入れ枠が3.3兆円から6兆円にまで拡大したことで、日銀によるETFの1日における買い入れ額が700億円(以前は約350億円)にまで引き上げられました。
日銀が買い入れるETFの具体的な銘柄は発表されていませんが、ETFは日経平均株価やTOPIXに連動するものなので、株式市場での株価の急落の恐れは薄れているのではないかと思われます。

投資に挑戦してみたいという方は、これを機にETFから始めてみてはいかがでしょうか。

 

執筆者

沢田 勇平 氏

 沢田勇平 氏

神戸大学大学院経済学研究科所属。学部時代は会計を学び、現在は経済学を中心に学んでいます。一企業に頼らず自身の豊富な知識を武器に活躍するCFOを夢見て頑張ります。