「CFO」とは?

会計・ファイナンススキルを駆使して企業の継続を助け、
企業価値を上げていくCEOのパートナー

CFOとは「Chief Financial Officer」の略で、日本語に訳すと「最高財務責任者」になります。

CFOは「専門家」というイメージが比較的強いと思いますが、一方で「経営者」でもあります。会計財務と言う専門スキルをもった、経営者=CFOです。またCFOは「守備」のイメージが強い印象だと思いますが、一方で「攻撃」も行います。つまり資金調達をしながらCEOビジョンに沿ってCEOと共に事業を遂行します。


ですからCFOはサッカーのポジションに例えるならゴールキーパーやセンターバックではなく、攻撃も守備も行う「ボランチ」に近い。あるいは、このCFOの二面性をもって、一橋大学大学院の伊藤邦雄教授はCFO=「正統なる二重人格者」と表現されています。
「専門家」⇔「経営者」、「守備」⇔「攻撃」と言うマトリックス(図1)を想定した時に、第1象限「経営者」「攻撃」はどちらかと言うと、中小企業のCEOに多いイメージでしょうか。「経営者」「守備」は社外取締役、社外監査役が当てはまります。「専門家」「攻撃」はコンサルタントが該当します。「専門家」「守備」はいわゆる管理部長なのかと考えています。

その上で、CFOは第1象限から第4象限までを機動的に行き来できる人材。といってもいいでしょう。

(図1)

cfomatrix

NEXT CFOへの想いでも書きましたが、企業の持続と、成長は非常に難しいテーマです。CFOは企業の持続的成長と向き合い続けるわけですが、経営管理能力が不足するあまり、企業の持続性を担保できない。あるいは、金融や財務戦略の知識に乏しいために成長に必要な資金を調達できない。これらボトルネックをいかに解決するか、その手腕がCFOに問われます。日本経済の先行きが見込めずまた、ヒトとカネの情報がボーダーレスとなる中で、どのように企業の持続的成長を果たしていくのか、CEOと共に考え続けることがいま、CFOに求められているのです。